政 策

しのつかまさきの政策
 
広域的な行政ニーズに効率的に対応する為に、広域行政を積極的に推進する必要性がある
  課題について。

 (コミュニティーバスの運行、のりあいタクシーの運行、緊急車両等の連携、観光事業の推進など)

職員の安全運転意識の向上と、動く防犯カメラとして公用車両にドライブレコーダーの
  設置を推進すること。

少子化対策、子育て支援対策について。
 (婚活支援、出産支援、育児支援、保育士と幼稚園教諭の人材育成など)
人格形成の基礎を培う重要な就学前教育と家庭教育の充実について。
新設される給食センターにおける食育教育のあり方について。
老朽化した老人福祉センター湖畔荘の大規模な改修を含めた今後のあり方について。

しのつかまさきの政策 道路管理不備による事故を予防する為の通報システムの
  構築について。

ICTを活用した多言語対応システムの導入について。
いきいき茨城ゆめ国体2019開催に向けた、会場整備と
  宣伝活動について。



しのつかまさきの政策



 
しのつかまさき 4つの基本政策
1.子どもにツケをまわさない「健全財政の推進」
選挙権の無い子どもたちは街の未来、自分の将来を託す選択をすることができません。子どもたちの未来の不安の解消を目指し、財政の健全化をはかり、将来への夢が見られるまちづくりを推進します。

2.安心で安全なまちづくりの推進
住んでいる街に誇りと愛着を持ち、街の諸問題を解決していくのがまちづくりです。より安心で安全な街を創る為の政策を推進していきます。

3.元気に長生き、楽しく子育て
高齢者が元気に気軽に出かけられる街、未来の担い手である子どもたちを地域で育てる街を創る政策を推進します。

4.観光事業の推進と地場産業の育成
つくば霞ヶ浦りんりんロード(サイクリングロード)と霞ヶ浦(湖)を活かしたサイクリング事業を充実させ、国内外から訪れるサイクリストを歓迎できる体制を構築し、お土産物として「つちうらブランド」の商品開発・販売事業等を推進します。
 
 
しのつかまさき 4つの基本政策
Copyright(c) masaki-shinotsuka. All Rights Reserved.